私たちの想い

矯正治療

矯正治療をお考えの方

当院では、お子様から大人まで歯並びに問題のある方の矯正治療をおこなっております。 歯並びの問題は、“見た目”だけの問題ではありません。 歯並びが悪いと、将来“虫歯”や“歯周病”、“顎関節症”(アゴの痛み)などの問題が起こることがあります。 ただし“本当に矯正治療が必要なのか”、“いつから矯正治療を始めたらいいのか”の判断はお父さん・お母さんには難しいと思います。 歯並びが気になれば、治療を始めるのにいいタイミングを逃さないためにも一度相談することをお勧めします。

=お母様方からよく受ける質問=

Q. 乳歯の段階でも矯正治療をしたほうがいいの?

乳歯の段階でも早めに矯正治療をした方がいい場合があります。 歯の土台となるアゴの問題(うけ口、左右のズレ)や、クセ(指しゃぶり・口呼吸・舌癖)が原因となって歯並びに問題がある場合です。 アゴの問題をそのままにしておくとアゴがずれた状態で成長してしまいますし、クセが残っていれば永久歯も同じ様な歯並びになってしまいます。

Q. 早く矯正治療をした方が早く治るの?

必ずしも早く始めれば早く終わるとは限りません。 もし矯正治療が必要な場合、装置にもよりますが早ければ3〜4歳から始められます。 ただ大事なことは、“本当に今治療が必要なのか?先にのばしても大丈夫なのか?”ということです。 矯正治療は年齢に関係なくいつからでもできる治療ですが、一般的に始める時期が遅くなると治療法が限られてきます。 逆に早く始めることで治療期間がのびてしまう場合もあります。早い段階で、一度矯正専門医に相談することをお勧めいたします。


Q. 治療費はどれくらいかかるの?

一部の疾患(口唇口蓋裂、顎変形症など)のある方を除いて、矯正治療は健康保険が使えません。 いわゆる自費診療となりますが、費用については別項を参考にしてください。 年間の治療費が¥100,000以上の場合は、医療費控除の対象になります。 歯科医院に支払った診療費、通院のための交通費は領収書を保管して、確定申告時に申告してください(領収書の再発行はしていません)。 所得税・住民税の還付が受けられます。詳しくは税務署にお問い合わせください。

Q. 矯正治療はどこの歯科医院でしても同じなの?

残念ながら同じとはいえません。 矯正治療は歯科の中でも特殊な分野のため、治療を担当する歯科医師の技術と、その医院の設備で“差”があります。 矯正治療は一人の患者さんを終了するのに数年間もかかるため、十分な技術を習得するにも長期の研修が必要になります。 そして矯正診断に必要不可欠な“セファロ”という特殊なレントゲン撮影ができることも重要です。 当院では“日本矯正歯科学会認定医”の資格を持つ院長自身が、矯正治療終了までの数年間、責任をもって診療にあたります。 また、従来の1/5〜1/10の線量で撮影可能な“デジタルセファロレントゲン”を設置しております。

矯正治療の流れ

1回目矯正相談¥0
  一般的な治療期間・装置・費用などの説明をします
2回目検査¥30,000
  診断に必要な資料(歯型・レントゲン撮影・写真撮影)を採得します
3回目診断¥3,000
  治療期間・装置・費用などの確認をします
4回目以降矯正治療開始
  ※症例によって0期治療もしくは1期治療のみで終了する場合もあれば、2期治療まで必要になる場合があります。
[ 0期治療 ]
まだ永久歯が生えていない子で、早期治療が必要な低年齢児(〜5歳くらい)に対する治療です。
“アゴのズレ”や、指しゃぶり・舌癖・口呼吸などの“クセ”がある子の治療です。
装置代
¥50,000
調整料
¥3,000/月

[ 1期治療 ]
永久歯に生え変わり中のお子様に対する治療です。
これから生えてくる永久歯がきれいに並ぶための下準備や、アゴの成長を コントロールしていく治療です。
装置代
¥200,000(1期治療から始める方)
¥150,000(0期治療から1期治療へ継続する方)
調整料
¥3,000/月

[ 2期治療 ]
すべて永久歯に生えかわっている方に対する治療です。
装置代
¥500,000(2期治療から始める方)
¥300,000(1期治療から2期治療へ継続する方)
調整料
¥5,000/月
○○回目以降保定開始¥3,000/3〜6ヶ月
  “保定”とは1期治療もしくは2期治療の終了した方の歯並びが安定しているか、 定期的(3〜6ヶ月に1回)に観察していく期間です。

矯正治療は長期戦です。その間お子様には大きなストレスをかける治療になります。なるべくお子様に負担がかからない方法で“きれいな歯並び”をプレゼントしたいですね。